[ 2015.2.23 更新 ]

食品に関する苦情の理化学検査

食品に関する事件や事故は、食に対する不安や不信感を高める原因となります。県民の方からは「味がおかしい(異味)」、「変な臭いを感じた(異臭)」、「何か混入していた(異物)」、「体調に異常を感じた(有症状)」などの食品に関する苦情が行政機関の相談窓口に多く寄せられますが、このような食品に関する苦情に関しては、健康被害の不安解消や再発防止のために、その原因を究明することが重要です。その原因究明に科学的分析が必要となった場合には、当所では行政機関の依頼により様々な科学的分析を行い、原因究明の一助を担っています。その中で理化学的な原因究明のためには、分析機器を駆使して原因物質の特定を行っています。

  1. 苦情検査の状況
  2. 原因物質の解明方法
  3. 苦情の事例

  トップページに戻る 食品・医薬品・くらしの情報に戻るこのページのトップに戻る