神奈川県衛生研究所

トップページ > 食品・医薬品・くらしの情報 > スズメバチについて


[2012.10.15 掲載]
スズメバチについて

 
   スズメバチは日本のハチの中で最も攻撃性の強い仲間で、巣を刺激すると、腹端の毒針などで攻撃してきます。日本には、16種が生息しており、特にオオスズメバチは非常に強い攻撃性を持っています。
人家やその周辺で主に見られるのは、キイロスズメバチとコガタスズメバチです。
働きバチは、幼虫の食物として、いろいろな昆虫やクモなどをとります。また、樹液、花蜜、捨てられた飲み残しのジュース缶などにも群がります。

● 内容


1. 身近にみられるスズメバチの種類

@ オオスズメバチ(学名:Vespa mandarinia japonica

  • 働きバチの体長は、27〜40 oです。
  • 北海道、本州、四国、九州、佐渡島、対馬、種子島、屋久島に分布しています。
  • 巣は、地下数十pの比較的狭い既存の空洞に造られます。まれに屋根裏などに造ることもあります。
  • 働きバチは、多いときに500匹に達することもあります。
  • 刺症被害は7〜11月、特に9〜10月に多く発生します。巣の近くを通行し、ハチを刺激した場合に最も多く攻撃を受けます。攻撃相手を脚でつかみ、大アゴで強く噛んで、何度も毒針で刺してきます。

オオスズメバチ オオスズメバチ 毒針
  このページのトップへ


A キイロスズメバチ(学名:Vespa simillima simillima

  • 働きバチの体長は、17〜24 oです。
  • 本州、四国、九州、佐渡島、対馬、屋久島に分布しています。
  • 巣は、日本産スズメバチの中でもっとも大型で、直径40〜80 pになります。
  • 木の枝、崖、軒下、家屋の壁間、屋根裏、土中など、さまざまな場所に巣を造ります。
    8月頃、巣の引っ越しが見られます。
  • 働きバチは、最も多いとき千数百匹になることもあります。
  • オオスズメバチに次いで攻撃性が強く、刺症被害は9〜10月に多く発生します。

このページのトップへ


B コガタスズメバチ(学名:Vespa analis insularis

  • 働きバチの体長は、21〜27 oです。
  • 北海道、本州、四国、九州、佐渡島、対馬、屋久島に分布しています。
  • 巣は、主に低木の枝に造られます。
  • 働きバチの数は、多い時でも100匹くらいです。
  • 刺症被害は7〜10月に多く発生します。
コガタスズメバチの巣
コガタスズメバチの巣
  このページのトップへ
2. スズメバチの一生

       スズメバチの一生を下図に示しました。

  冬
  ・雄バチと新女王バチは、巣外で交尾したのち、新女王バチのみが朽木の中などで単独で越冬します。
・旧女王バチ、働きバチ、雄バチは、すべて冬までに死亡します。

 

春   ・越冬した女王バチが、 1 匹で巣を造り始めます。昨年以前の古い巣が使われることはありません。
・十数匹の働きバチが羽化すると、女王バチは巣にとどまり、産卵に専念します。

 

夏
・巣は急速に大きくなり、秋には最大になります。

 

秋
・雄バチと新女王バチが育てられます。

 

スズメバチの一生
  このページのトップへ
3. スズメバチの攻撃行動


第一段階 巣への接近に対する警戒
第一段階 巣への接近に対する警戒
巣の出入口や外被上にいるハチが、近づいた対象物を注視する一方、一部は巣を離れて、巣の周辺を飛び回ります。
 *巣に近づかないようにしましょう。
第二段階 巣への接近に対する威嚇
第二段階 巣への接近に対する威嚇
警戒のため巣を離れたハチが、対象物に接近し、まとわりつくように飛び回ります。
 *このとき静かに巣と反対方向へ後退すれば、ハチは攻撃せずにその場から去ります。
第三段階 巣への間接的刺激に対する攻撃
第三段階 巣への間接的刺激に対する攻撃
木の枝や軒下などの巣の場合、巣の付着している枝などに軽い振動を加えたとき、威嚇していたハチや巣内のハチが飛び出してきて、対象物に飛びかかり毒針を刺します。
 *一刻も早くその場から離れなくてはなりません。追いかけてくることもあります。
第四段階 巣への直接的刺激に対する攻撃
第四段階 巣への直接的刺激に対する攻撃
巣に直接触れたり、破壊した場合、巣内の大部分のハチが飛び出してきて、対象物に勢いよく集中的に飛びかかってきます。
 *数十メートル離れても攻撃されることがあります。
 このページのトップへ
4. ハチに刺された時の症状 
  • 激しい痛みと腫れを生じます。
  • ハチ毒に対してアレルギー体質の人は全身症状を呈したり、死亡することもあります(アナフィラキシーショック)
  • 同時に多数のオオスズメバチに刺された場合、ハチ毒アレルギーでなくても、その毒作用によって死亡することもあります。
  このページのトップへ

 

5. ハチに刺された時の対処 

    抗ヒスタミン剤を含むステロイド軟膏を塗ります。アンモニアは全く効果がありません。
症状が激しい場合には医療機関を受診する。過去にハチに刺されたことがある方は、特に注意してください。

  このページのトップへ

 

6. 巣の駆除 

   お住まいの市町村の担当課にお問い合わせください。スズメバチの巣の駆除に対しては、行政機関で駆除する場合や補助等が出る場合などがあります。
 また、自分で駆除することはお勧めしません。駆除業者に依頼して駆除する方が安全です。

(微生物部 稲田 貴嗣)

  トップページへ戻る | このページのトップへ

お問い合せは
トップページ:お問い合わせから

本ホームページの著作権は神奈川県衛生研究所に帰属します。
©2004 Kanagawa Prefectural Institute of Public Health. All rights reserved.