神奈川県衛生研究所

トップページ > 食品・医薬品・くらしの情報 > 有毒ケムシ類−ドクガとイラガ

[2012.8.3更新]

有毒ケムシ類−ドクガとイラガ

微生物部 環境生物グループ 稲田 貴嗣

 
   日本にはガやチョウの仲間(チョウ目)が約6000種生息しています。それらの幼虫の中には体の表面に毒のある毛(毒針毛)などを持ち、それに刺されると皮膚炎などをおこすことがあります。毒針毛などを持つグループとしてドクガ類、カレハガ類、ヒトリガ類、イラガ類などがあります。カレハガ類、ヒトリガ類、イラガ類は幼虫のみ害がありますが、ドクガ類の中には卵から成虫まで全てが害を与える種類がいます。  

● 内容



1. ドクガ類 
   
ドクガ類の仲間は日本に52種生息していますが、毒を持つのは一部の種類だけです。特に問題になるのはチャドクガとドクガです。


@ チャドクガとドクガ

チャドクガ

   チャドクガは本州以南に広く分布しており、成虫は年2回発生します。卵は1カ所にまとめて約120個産卵されます(卵塊)。卵塊で冬を越します。
   幼虫がみられるのは5〜6月頃(越冬した卵からふ化した幼虫)と9〜10月頃(夏に産卵された卵からふ化した幼虫)です。幼虫は生育期間中常に集団で活動します。終齢幼虫(サナギになる前の幼虫)は体長約25oで、約50万本の毒針毛を持っています。幼虫はチャ、サザンカ、ツバキなどのツバキ類の植物だけを餌としています。
   成虫の翅は黄色で、翅の長さは10〜20oほど、前翅(2対ある翅のうち前方にある翅)中央部には「くの字」型の幅の狭い帯状紋があり、先端部に1個または2個の黒点があります。

写真1. チャドクガ 写真2. チャドクガ刺し傷
写真1. チャドクガ 写真2. チャドクガの皮膚炎

 

ドクガ

   ドクガは北海道から九州まで広く分布しており、成虫は年1回夏に発生します。ドクガの幼虫は夏にふ化したものが8〜10月頃見られ、その後越冬し、翌年4〜6月頃再び活動を開始したものが見られます。幼虫はふ化後集団で活動しますが、成長とともに分散していきます。1卵塊の卵数は通常200〜700個ですが、時に1000個を超えることもあります。
   終齢幼虫は体長約40oで、毒針毛の数は600万本に達します。 幼虫の食性は広く、100種以上の植物、特にバラ類(サクラ、ウメ、ナシ、リンゴ、キイチゴ)、ブナ類(クヌギ、コナラ、クリ)、マメ類、ツツジ類などの葉を餌としています。
   成虫の翅は濃い黄色で、翅の長さは20〜40oほど、中央部には「くの字」型の幅の広い帯状紋があり、先端部に2個の黒点があります(1個またはない個体もあります)。

A ドクガ類の毒針毛 
  
 ドクガ類の毒針毛は0.1oほどの長さしかなく、幼虫の体に見える長い毛とは別のものです。ドクガ類の毒にはプロテアーゼ、エステラーゼ、ヒスタミンなどが含まれています。チャドクガやドクガの毒針毛はもともと2齢幼虫(ふ化後1回脱皮した幼虫)から終齢幼虫の体に生えているもので、成虫などには直接生えていません。しかし毒針毛はサナギの時にはそれを囲むまゆの内側につき、成虫は羽化するとそれを尾端の毛につけて飛び立ちます。そのため成虫が灯火に引きつけられて屋内に入り込んだとき、毒針毛が皮膚について皮膚炎をおこすことがあります。よく成虫の鱗粉で皮膚炎をおこすといいますがそれは間違いで、それらと一緒に落ちる毒針毛が原因です。さらに卵塊のまわりを毒針毛が混じった毛で覆い、ふ化した1齢幼虫にも毒針毛が付着します。そのためドクガ類では毒針毛が卵、幼虫、サナギ、成虫のどの時期にも付着しています。さらに幼虫の脱皮殻にも毒針毛が残っているので、幼虫が活動していない冬季でも被害樹にさわると刺され、皮膚炎をおこすことがあります。

B ドクガ類の駆除法
   ドクガ類の駆除は、集団が分散する前のできるだけ幼虫が小さいうちに焼くなどして取り除きます。また卵塊も見つけたら取り除き処理します。特にチャドクガは卵で越冬するので効果的と考えられます。ただし卵塊にも毒針毛が付着しているので皮膚につかないよう注意が必要です。
   殺虫剤を用いて駆除する場合には、フェニトロチオン、アセフェート、防虫菊などの乳剤を用います。7日間隔くらいで数回まきます。また、ペルメトリンなどのピレスロイド系殺虫剤も有効です。

2. イラガ類 
  
 日本に27種が生息しています。
   幼虫に毒トゲを持つ種類がいます。毒トゲの先端部が皮膚に触れると内部の毒が注入されるものと考えられています。その成分はヒスタミンや何らかの発痛物質とされていますが、詳細はわかっていません。

@ イラガとヒロヘリアオイラガ

イラガ

   イラガは北海道から九州まで見られ、成虫は年1回発生します。幼虫は黄緑色で背面に大きな黒褐色の斑紋があります。幼虫は7〜10月頃に見られます。 幼虫はカキ、ナシ、サクラ、ウメ、アンズ、カエデ類、ヤナギ類、クリ、クルミ、リンゴ、ザクロなど多くの樹木につきます。サナギで越冬します。
   幼虫の毒トゲに触れると電撃的な痛みを感じ、皮膚炎を起こします。ただし、かゆみはほとんどありません。

イラガ1
写真3. イラガ

ヒロヘリアオイラガ

   ヒロヘリアオイラガは従来鹿児島市内でのみ採集されていましたが、1970年代後半以降西日本各地に見られるようになり、近年関東地方でも見られるようになりました。成虫は年2回発生します。幼虫は黄緑色で背面中央に青色の縦帯があります。幼虫は7〜10月頃にサクラ、クスノキ、エノキなど多種類の樹木に見られます。サナギ(まゆの中)で越冬します。

写真4. ヒロヘリアオイラガ

A イラガ類の駆除法
   
葉に幼虫を見つけたら直ちに葉を除去し、幼虫をつぶすなどして殺します。冬の間にまゆを見つけたらそれも除去します。
   殺虫剤を用いて駆除する場合には、フェニトロチオン、アセフェート、ピリミホスメチル、マラソン、ペルメトリンなどの乳剤を7日間隔くらいで数回まきます。

3. 刺されたときの対処法
 
  ドクガ類に皮膚を刺されたり、毒針毛が目に入ったりしたら、まず水で洗い流します。毒針毛は微小ですが、手で払ったりすると毒針毛を皮膚に食い込ませることになるので被害が大きくなります。かゆみは2〜3週間続きます。症状がひどいときや毒針毛が目に入ったときなどは医師の治療を受けることをお勧めします。
   イラガ類はドクガ類と異なり何もしなくても数日で症状は消えます。


  トップページへ戻る | このページのトップへ

お問い合せは
トップページ:お問い合わせから

本ホームページの著作権は神奈川県衛生研究所に帰属します。
©2004 Kanagawa Prefectural Institute of Public Health. All rights reserved.