戻る
資料5

神奈川県衛生研究所動物実験環境安全管理要領 

(目的)
第1条 この要領は、神奈川県衛生研究所環境安全管理規程(以下「規程」という。)に基づき神奈川県衛生研究所(以下「研究所」という。)において、実験動物の飼養及び動物実験による環境汚染・災害事故等を未然に防止するため、その取り扱い等について、必要な事項を定め、地域住民及び研究所内で行う業務に従事する者(以下「職員等」という。)の安全と健康を守り生活環境を保全することを目的とする。
 
(適用範囲)
第2条 研究所内で動物実験を取り扱うすべての業務に適用する。
 
(定 義)
第3条 この要領において用いる用語の定義は、以下の通りである。
 (1) 動物実験施設とは、別表1に定める施設(実験動物飼育施設、衛生動物飼育室及び毒性機能実験室)をいう。
 (2) 実験動物飼育施設とは、衛生研究所内で実施される試験に用いる動物の飼育および動物実験を実施するために設計され、管理基準を定めた施設をいう。
  (3) 感染実験区域とは、実験動物飼育施設内のP2及びP3実験室または飼育室をいい、神奈川県衛生研究所微生物環境安全管理要領(以下「微生物環境安全管理要領」という。)第3条第3項に定義する微生物管理区域に含まれる。
 (4) 指定実験室とは、微生物環境安全管理要領第3条第2項に定義するものをいう。
 (5) 利用者とは、動物実験施設を利用して実験等を行う者をいう。
 (6) 施設維持管理会社とは、動物実験飼育施設の維持管理を担当する会社をいう。
 (7) 飼育担当者とは、研究所において動物の飼育管理にあたる者をいう。
 (8) 施設管理担当者とは、実験動物の飼育・実験施設の環境を管理する者をいう。
 (9) 動物実験とは試験・検査および研究あるいは生物学的材料採取のために、動物に何らかの拘束、処置を加えることをいう。
 (10) 実験動物とは、学術研究のために実験動物施設で飼育されている動物をいう。
 
(他要領等との関連)
第4条 この要領に定めのない事項は、規程並びに規程により定められる他の要領及び環境安全関連法令等に従う。
 
(動物実験部会)
第5条 規程第10条の規定により設置する神奈川県衛生研究所動物実験環境安全管理部会(以下「動物実験部会」という。)は、次に掲げる事項を所掌する。
 (1) 動物実験施設の安全管理に関すること
 (2) 利用者登録並びに使用承認の審査に関すること
 (3) 動物実験の安全管理に関すること
 (4) 教育訓練に関すること
 (5) 前各号に掲げるもののほか、動物実験の環境安全及び適正管理に関すること
 
第6条 規程第10条第2項に規定する部会長及び部会員の任期は2年とする。
2 部会長を補佐するため、副部会長をおくことができる。副部会長は部会長が指名する。
3 部会員の中から互選により書記を置き、動物実験部会の事務を行う。
4 動物実験部会は少なくとも年に1回定期的に開催する他、必要の応じて開催する。
5 部会長が必要と認めるときは、部会員以外の者の出席を求めることができる。
 
(動物実験施設の使用)
第7条 動物実験を行う者は、予め動物実験部会に申請し、登録された者でなければならない。
2 動物実験を行おうとする者は、予め実験計画を作成し動物実験部会の承認を得なければならない。
3 実験動物飼育施設内の指定実験室を使用しようとする者は、前項と同時に微生物環境安全管理要領第10条の規定よる承認を得るほか同要領の定めに従わなければならない。
4 動物飼育施設では揮発性の高い毒性物質、有害重金属等を含有する化合物を取り扱ってはならない。
5 前項の規定は実験計画により動物実験部会の審査を経て所長により承認された場合は適用しない。
6 病原性微生物を用いた動物実験を行う場合は、微生物環境安全管理要領別表2に示す微生物のレベルに応じた感染実験室で行わなければならない。
7 野生動物の飼育及び実験を行う場合には、衛生動物飼育室で実施しなければならない。
 
(実験動物の管理)
第8条 利用者及び飼育担当者は、実験動物の飼育・使用に当たっては「動物の愛護及び管理に関する法律」並びに「実験動物の飼養及び保管等に関する基準」を遵守する。
2 実験終了後、実験動物は「動物の処分方法に関する指針」に従い処分する。
 
(廃棄物処理)
第9条 第8条第2項により処分した動物は、専用の冷凍庫で冷凍保管後、専門の廃棄物事業者に委託処理する。
2 その他の固形廃棄物は、産業廃棄物として廃棄する。
 
(設備の点検)
第10条 部会長は、空調設備、飼育設備等の施設設備稼働状態を定期的に点検する。
2 利用者は、異常を発見したときは直ちに施設維持管理会社、部会長及び所長に連絡し、実験の中止等適切な処置を実施する。
(事故発生時の処置)
第11条 動物実験中の事故により環境汚染が発生するおそれがある場合並びに実験中に地震、火災等の緊急事態が発生した場合は、直ちに次の各号に掲げる処置を講じなければならない。 
 (1) 利用者は直ちに実験を中止し、動物の逃亡防止に努めるとともに、直ちに部会長に対してその旨を通報する。
 (2) 通報を受けた者は、状況の確認を行い、必要に応じて立ち入り禁止等の処置を講ずるとともに、緊急時連絡表に従い関係機関に通報し、所長に報告する。 
 (3) 所長はただちに応急の処置の確認を行い、かつその事故の復旧に努めるとともに、規定第14条に従い速やかにその状況を茅ヶ崎市、協定参加自治会及び神奈川県湘南地域県政総合センター環境部に報告する。
2 所長は、事故の収束後、発生状況、講じた処置及び再発防止処置に関する報告書を作成し、茅ヶ崎市、協定参加自治会及び神奈川県湘南地域県政総合センター環境部に提出する。
 
(教育・訓練)
第12条 所長は動物実験を行う職員等に対し、動物実験施設及び動物実験による環境汚染等を未然に防止するため、動物実験の安全管理に関する教育を行う。
2 部会長は動物実験施設利用登録者について、動物実験施設の利用に関する説明会を毎年度初めに行う。
3 所長は、事故時の処置、対応等について適切に行われるよう定期的に訓練を行う。
 
(記録の保存)
第13条 この要領に規定する書類の保存は別に定めのある場合を除き3年間とする。
 
付 則
 この要領は、平成15年6月1日から施行する。
 
付 則
この要領は、平成17年6月1日から施行する。
 
付 則
この要領は、平成19年6月1日から施行する。
 戻る