神奈川県衛生研究所
トップページ > 感染症情報センター > 疾患別情報 > 水痘

 

 

水痘


 水痘・帯状疱疹ウイルス(varicella-zoster virus)による感染症で、「水ぼうそう」とも呼ばれます。主に、こどもが感染する病気で1〜4歳ごろに最も多くみられ、水疱をともなう全身の発疹が特徴です。冬から春にかけて多くみられますが、年間を通して報告があります。感染症法では定点把握対象疾患5類感染症に分類されており、指定された小児科(定点医療機関)から保健所に1週間ごとに報告されています。また、学校保健安全法では第2種感染症に定められており、水痘と診断された場合には「全ての発しんが痂皮化(かひか:かさぶたになる)するまで」は出席停止となります。

 


トップページに戻る感染症情報センターへ戻るこのページのトップへ戻る

お問い合せは
トップページ:お問い合わせから

本ホームページの著作権は神奈川県衛生研究所に帰属します。
Copyright© 2004 Kanagawa Prefectural Institute of Public Health. All rights reserved.