神奈川県衛生研究所
トップページ > 感染症情報センター > 疾患別情報 > 流行性耳下腺炎

 

 

流行性耳下腺炎


 ムンプスウイルスを原因とするウイルス性感染症で、「おたふくかぜ」とも呼ばれます。
主としてこどもの感染症で、3〜6歳で多くみられますが大人でもかかることがあります。感染症法では定点把握対象疾患5類感染症に分類されており、指定された小児科(定点医療機関)から毎週保健所に報告されています。また、学校保健安全法では第2種感染症に定められ、流行性耳下腺炎と診断された場合には「耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が始まった後5日を経過し、かつ、全身状態が良好となるまでは出席停止となります。

 


トップページに戻る感染症情報センターへ戻るこのページのトップへ戻る

お問い合せは
トップページ:お問い合わせから

本ホームページの著作権は神奈川県衛生研究所に帰属します。
Copyright© 2004 Kanagawa Prefectural Institute of Public Health. All rights reserved.