神奈川県衛生研究所
トップページ > 感染症情報センター > 疾患別情報 > 風しん

 

 

風しん


 風しんは、発熱、発疹、リンパ節腫脹を特徴とする風しんウイルス(Rubella virus)による感染症で、一般的には「三日はしか」とも呼ばれています。2012年から2013年にかけて、日本国内で成人男性を中心とする風しんの大流行がみられました。理由としては、風しんの予防接種を受けていないことや、予防接種による免疫が不十分であることが考えられています。妊婦の方が風しんウイルスに感染すると、白内障、先天性心疾患、難聴などをもった赤ちゃん(先天性風しん症候群)が生まれることがあり、ワクチン接種による予防が大切です。風しんは、先天性風しん症候群とともに感染症法において全数把握対象疾患※5類感染症に定められています。また、学校保健安全法では第2種感染症に指定されていて、風しんと診断された場合は「発疹が消失するまでは出席停止」となります。

※全数把握対象疾患:診断したすべての医師が最寄りの保健所に届けなければならない疾患を指し、感染症法という法律で1類から5類までが定められています。

 

 


トップページに戻る感染症情報センターへ戻るこのページのトップへ戻る

お問い合せは
トップページ:お問い合わせから

本ホームページの著作権は神奈川県衛生研究所に帰属します。
Copyright© 2004 Kanagawa Prefectural Institute of Public Health. All rights reserved.