神奈川県衛生研究所
トップページ > 感染症情報センター > 疾患別情報 > 劇症型溶血性レンサ球菌感染症


劇症型溶血性レンサ球菌感染症


 劇症型溶血性レンサ球菌感染症は、主にA群溶血レンサ球菌(Streptococcus pygenes )による細菌感染症です。「A群」とは、菌の細胞壁に存在する、糖の種類による分類で、他にB群、C群、F群、G群という分類の菌がこの病気の原因になります。通常のA群溶血レンサ球菌による感染症は、のどの炎症の原因となり、小児に多くみられますが、劇症型は通常菌の検出されない筋肉や脂肪組織、血液などに菌が侵入し、多くの臓器(肝臓、腎臓、肺、血液、脂肪・筋肉、中枢神経など)の機能が急速に低下するものをいい、大人に多いのが特徴です。
 1987年に米国で初めて報告があり、日本では1992年に最初の発症者が報告されました。1999年に感染症法の全数把握疾患5類感染症に指定されてからは、毎年100〜200人の報告があり、このうち約30%が死亡しています。メディア等では「人喰いバクテリア」ともいわれています。

 


トップページに戻る感染症情報センターへ戻るこのページのトップへ戻る

お問い合せは
トップページ:お問い合わせから

本ホームページの著作権は神奈川県衛生研究所に帰属します。
Copyright© 2004 Kanagawa Prefectural Institute of Public Health. All rights reserved.