神奈川県衛生研究所
トップページ > 感染症情報センター > 疾患別情報 > 手足口病

 

 

手足口病


 毎年、夏を中心に流行し、手・足・口に水ぶくれ様の発疹が現れるウイルス感染症です。コクサッキーウイルスA16型、エンテロウイルス71型などエンテロウイルス属に含まれるウイルスが原因です。乳幼児に多い感染症ですが、学童など年長の子どもでも流行がみられることがあります。感染症法では小児科定点対象疾患5類感染症に定められています。

 

 


トップページに戻る感染症情報センターへ戻るこのページのトップへ戻る

お問い合せは
トップページ:お問い合わせから

本ホームページの著作権は神奈川県衛生研究所に帰属します。
Copyright© 2004 Kanagawa Prefectural Institute of Public Health. All rights reserved.