レジオネラ症

レジオネラ属菌(代表としてLegionella pneumophilia )が原因の感染症です。レジオネラ属菌は、もともと土壌や湖沼などの自然環境に生息していますが、循環式の浴槽や噴水などの人工環境に存在する宿主アメーバの中で増殖し、人に感染します。レジオネラ症は呼吸器症状を起こす肺炎型と、一過性のかぜ様症状で自然に軽快するポンティアック熱型があり、感染症法では四類感染症に分類されています。


(左)宿主アメーバの中で増殖するレジオネラ属菌
(右)宿主アメーバの中から出てくるレジオネラ属菌
(ギムザ染色:神奈川県衛生研究所「衛研ニュース」より)

感染経路

レジオネラ属菌は、土壌や湖沼等の自然環境で生息していますが、一般的にその数は少ないと考えられます。レジオネラ属菌は、宿主になるアメーバに寄生して増殖します。循環式の浴槽や配管、ビル屋上の冷却塔、噴水などの人工的な水循環設備の中には宿主アメーバがいます。この宿主アメーバの中で、レジオネラ属菌が大量に増殖します。レジオネラ属菌を含んだ微小な水滴や固体の粒子を吸入することで感染します。人から人への感染は確認されていません。

症状

肺炎型は、レジオネラ属菌に感染してから2~14日後に症状が現れます。高い熱、頭痛、筋肉痛に加えて、咳や息切れといった呼吸器の症状が現れます。また幻覚や昏睡といった、神経系の症状が早い時期に現れることも一つの特徴です。肺炎を起こした場合、致死率が比較的高く(5~30%)、早期の診断、適切な抗菌薬による早期治療が大切です。
ポンティアック熱型は、レジオネラ属菌に感染してから1~3日後に症状が現れます。発熱、頭痛、筋肉痛などの症状が出現しますが、咳などの呼吸器症状は見られません。こちらは2~5日程度で自然に軽快するため、レジオネラ症としては見逃されていることが多いです。

このページのトップへ

診断について

レジオネラ症の診断方法は、尿中抗原検査、血清抗体価検査、培養検査、遺伝子検査の4つがあります。
抗原検査は、尿中にあるレジオネラ抗原を調べるものです。検査は簡単ですが、Legionella pneumophilia の血清群1という種類の菌以外は、実際に菌が存在しても陰性となることがあります。血清抗体価検査は、レジオネラ属菌に感染したばかりの急性期と、感染して数週間後の回復期の血清中レジオネラ抗体価を比較し、抗体価が上昇していることを確認することよって診断します。培養検査は、感染者の痰や身体の組織(肺など)の一部を培養し、レジオネラ属菌の検出を確認する検査です。結果が出るまでに時間を要します。遺伝子検査は、レジオネラ属菌が持つ特有のDNAの増加を確認することで診断します。これは培養検査に比べて少ない時間で結果を知ることができます。

治療について

レジオネラ属菌に対する適切な抗菌薬の投与を行います。レジオネラ属菌は、体内の異物を取り入れ分解する働きをもつ、食細胞という細胞の中で増えるため、細胞の中で薬剤の効果がでる種類の抗菌薬でなければ、効果がありません。エリスロマイシンやリファンピシン、ニューキロノンといった抗菌薬が使用されます。

予防のために

レジオネラ属菌が生息しやすい、微小な水滴や固体の粒子の発生源(浴槽など)を適切に管理(点検、清掃、消毒、細菌検査)し、レジオネラ属菌の増殖を防ぐことが最も大切です。高齢者、喫煙者、慢性肺疾患のある方、免疫の低下する疾患(がん、糖尿病、腎臓病など)のある方は、レジオネラ属菌に感染しやすいため、特に注意が必要です。レジオネラ属菌の感染予防のためのワクチンはありません。

参考リンク

トップページへ戻る感染症情報センターへ戻る疾患別情報へ戻るこのページのトップへ