神奈川県衛生研究所
トップページ > 感染症情報センター > 疾患別情報 > マイコプラズマ肺炎

 

 

マイコプラズマ肺炎


細菌の一種である、肺炎マイコプラズマ(Mycoplasma pneumoniae )による感染症です。
小学生から若年成人における肺炎の原因として、最も多いものです。感染症法に基づく感染症発生動向調査では定点把握5類感染症となっており、基幹定点医療機関(小児科および内科医療を提供する300床以上の指定された病院)から毎週患者数が報告されています。1990年代頃までは、ほぼ4年周期で流行が繰り返されていたことからオリンピック肺炎などと称されていました。2003年頃から、報告数が年々増えています。
肺炎マイコプラズマ

(肺炎マイコプラズマ:神奈川県衛生研究所)

 

 


トップページに戻る感染症情報センターへ戻るこのページのトップへ戻る

お問い合せは
トップページ:お問い合わせから

本ホームページの著作権は神奈川県衛生研究所に帰属します。
Copyright© 2004 Kanagawa Prefectural Institute of Public Health. All rights reserved.