感染症情報センター 神奈川県ロゴ
 トップページ > 感染症情報センター > クリプトスポリジウム症  > プールで泳いでクリプトスポリジウムに感染!!

感染症情報
[2004.09.28掲載]

プールで泳いでクリプトスポリジウムに感染!!

−親水施設( recreational water )におけるクリプトスポリジウム感染について−


解説内容 今回の事例
顕微鏡写真
  クリプトスポリジウムとは?
  プールで感染が起きる理由
  プール使用上の注意点
  海外の状況
   
   
顕微鏡写真(神奈川県衛生研究所撮影)

今回の事例
  今年の 8 月に、日本で最初のプールを介したクリプトスポリジウム症の集団発生がありました。長野県のスポーツ施設の千葉県と埼玉県からの利用者 217 人が下痢や腹痛などの症状を訴えました。症状があった人が千葉県に戻って利用した 8 ヶ所のプールのうち 2 ヶ所からクリプトスポリジウムが検出され、これらのプールの利用者 1 人ずつがさらに感染しました。

クリプトスポリジウムとは?
  クリプトスポリジウムは原虫という単細胞生物の 1 種で、人の小腸の上皮細胞に寄生し、そこで増殖します。やがて殻をかぶった 4 x 6 μ m の大きさのオーシスト(写真)が便とともに排出されます。このオーシストを飲み込むことで感染します。感染してから 4 〜 10 日後に下痢や腹痛、 38 ℃を越えない発熱、食欲不振、嘔吐などの症状が出てきます。通常、症状は 1 〜 2 週間続きますが、強弱を繰り返して 1 ヶ月くらいになることもあります。幼児や高齢者、免疫不全者は症状が重くなることがあり、有効な治療法がないので、特に注意が必要です。

プールで感染が起きる理由
 プールの水は、残留塩素の濃度を 0.4mg/L 以上 1.0mg/L 以下に保って消毒されていなければならないことになっています。それでもプールを介してクリプトスポリジウム症が集団で発生したのは、クリプトスポリジウムの次のような特徴が関連しています。
1)オーシストはオーシスト壁という殻に覆われていて、塩素などの通常の使用方法での消毒薬は効果がない。
  
したがって、プールの中にオーシストが浮遊していても感染力を失うことはありません。
2)患者の便中には大量のオーシストが排出される。
  多いときは便 1g 中 100,000,000 個( 1 億個)に達すると言われています。
3)少ない数のオーシストを飲み込むことで感染する。
  10 個前後を飲み込むことで感染することがあると言われています。
  例えば、 500 トンの水量があるプールが 1g の便で隅々まで汚染されると、コップ 1 杯( 200ml )中に 40 個、小さじ 1 杯( 5ml )中に 1 個のオーシストがあることになります。

プール使用上の注意点
 したがって、クリプトスポリジウムに感染している人が水泳中に偶発的に排便してしまい、あるいは体に付いたオーシストがプール内で浮遊し、水泳中にプールの水とともに飲み込むことで感染してしまいます。ごく少量の便がプール内に漏れてしまっても、プール全体を汚染するに充分な数のオーシストが含まれていれば集団発生が起きてしまいます。
 プールでの感染を予防するには、@下痢をしていたらプールに入らない。Aプールに入る前にシャワーでよく洗う。Bプールに入る前や水泳中に便意があれば直ぐに排便し、よく洗う。Cプールの水はできるだけ飲まないようにする。といったことを守る必要があります。

海外の状況
 
プールなどの親水施設でのクリプトスポリジウムの集団感染は米国を始めとする諸外国でこれまでに多くの例が報告されていて、海外でも決して珍しいことではありません。米国の疾病予防対策センター( CDC )には年に平均 5 例前後が報告されていますが、徐々に増える傾向にあり、 1999 〜 2000 年のまとめでは、飲料水を介したクリプトスポリジウム症の集団発生が 1 事例に対して、親水施設関連は 16 事例と圧倒的に多くなっています。


  トップページへ戻る │  感染症情報センターへ戻る │ このページのトップへ

お問い合せは
トップページ:お問い合わせから

本ホームページの著作権は神奈川県衛生研究所に帰属します。
Copyright© 2004 Kanagawa Prefectural Institute of Public Health. All rights reserved.