神奈川県衛生研究所
トップページ > 感染症情報センター > 疾患別情報 > 感染性胃腸炎


感染性胃腸炎


 細菌、ウイルス、寄生虫による、嘔吐や下痢をおこす感染症の総称です。細菌ではサルモネラ、腸炎ビブリオ、ブドウ球菌、カンピロバクターなど、ウイルスではノロウイルス、サポウイルス、ロタウイルスなど、寄生虫ではクリプトスポリジウムやランブル鞭毛虫などが原因となっています。細菌性の感染性胃腸炎は、多くが夏期を中心に食中毒として報告されています。ウイルス性の感染性胃腸炎は冬期に多く、ノロウイルスを中心に毎年、学校や入居施設などで集団発生がみられています。寄生虫による感染性胃腸炎は汚染された水などから感染することが多く、海外からの帰国者の報告が多くみられます。

 

 

お問い合せはトップページ:お問い合わせまたは下記までご連絡ください。

神奈川県衛生研究所 神奈川県ホームページ
〒 253-0087 神奈川県茅ヶ崎市下町屋1丁目3番1号
電話:0467-83-4400
ファックス:0467-83-4457

本ホームページの著作権は神奈川県衛生研究所に帰属します。
Copyrightc 2004 Kanagawa Prefectural Institute of Public Health. All rights reserved.