かながわ科学技術フェア

平成29年度 平成28年度 平成27年度 平成26年度
平成25年度 平成24年度 平成23年度 平成22年度 平成21年度 平成20年度

平成29年度 かながわ科学技術フェア

平成29年11月11日(土)に、神奈川県政策局政策部総合政策課主催による「かながわ科学技術フェア 2017」が、新都市プラザ(横浜駅東口地下・そごう横浜店地下2階正面入口前)で開催され、県の研究活動と試験研究機関等の紹介を行いました。
会場では、衛生研究所、 温泉地学研究所、環境科学センター、自然環境保全センター、水産技術センター、農業技術センター、畜産技術センターの7県試験研究機関と、関連研究機関である地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンター臨床研究所及び神奈川県立産業技術総合研究所が参加し、日頃の活動内容や研究成果等をポスター展示や機器展示などにより発表し、あわせて研究員が展示物の説明を行いました。
衛生研究所では、企画情報部から所全体の紹介、微生物部から「レジオネラ症を知ろう-身近にひそむ感染症-」について、理化学部から「飲み水の安全・安心のために」について展示及び説明を行いました。また、衛生研究所パンフレット、衛研ニュースなどの関連印刷物を配布し、事業内容や主な取組みなどを紹介しました。

ポスター発表

各々をクリックするとPDFでご覧になれます。

レジオネラ症を知ろう
-身近にひそむ感染症-

飲み水の安全・安心のために
こんにちは
神奈川県衛生研究所です!
 

クイズラリー問題(衛生研究所出題)

【問】
レジオネラ症は、レジオネラ属菌を含む小さな水滴を吸い込むことで発症する場合があります。この小さな水滴を何というでしょうか。

【選択肢】
1.「ミスト」
2.「ツイスト」
3.「トースト」

【正解】
1.「ミスト」

このページのトップへ

平成28年度 かながわ科学技術フェア

平成28年11月12日(土)に、神奈川県政策局政策部総合政策課主催による「かながわ科学技術フェア 2016」が、新都市プラザ(横浜駅東口地下・そごう横浜店地下2階正面入口前)で開催されました。
会場では、衛生研究所、温泉地学研究所、環境科学センター、自然環境保全センター、水産技術センター、農業技術センター、畜産技術センター、産業技術センターの8県試験研究機関と、関連研究機関である公益財団法人神奈川科学技術アカデミー(KAST)及び地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンター臨床研究所が参加し、日頃の活動内容や研究成果等をポスター展示や機器展示などにより発表し、あわせて研究員が展示物の説明を行いました。
衛生研究所では、注目展示として「近くにいます。こんな害虫!!」についてスズメバチの巣や害虫の標本展示、微生物部から「予防接種で防ごう –麻しん・風しん-」について、理化学部から「未病を知ろう!~病気になってしまう前に~」について展示及び説明を行いました。また、衛生研究所パンフレット、衛研ニュースなどの関連印刷物を配布し、事業内容や主な取組みなどを紹介しました。

ポスター発表

各々をクリックするとPDFでご覧になれます。

予防接種で防ごう –麻しん・風しん-

未病を知ろう!
~病気になってしまう前に~
こんにちは
神奈川県衛生研究所です!
 

クイズラリー問題(衛生研究所出題)

【問】
県が推進する未病改善のために3つの大切なことがあります。「運動」と「社会参加」とあとひとつなんでしょうか?

【選択肢】
1 「食」
2 「愛情」
3 「お金」

【正解】
1 「食」

このページのトップへ

平成27年度 かながわ科学技術フェア

平成27年11月7日(土)に、 神奈川県政策局政策部科学技術・大学連携課主催による「かながわ科学技術フェア 2015」が、新都市プラザ(横浜駅東口地下・そごう横浜店入り口前)で開催されました。
会場では、衛生研究所、 温泉地学研究所、環境科学センター、自然環境保全センター、水産技術センター、農業技術センター、畜産技術センター、産業技術センターの 8県試験研究機関と、関連研究機関である公益財団法人神奈川科学技術アカデミー(KAST)及び地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンター臨床研究所が参加し、日頃の活動内容や研究成果等をポスター展示や機器展示などにより発表し、あわせて研究員が展示物の説明を行いました。
衛生研究所では、微生物部より「腸管出血性大腸菌感染症の発生状況」について、また理化学部より「知っていますか?遺伝子組換え食品」について展示及び説明を行うとともに、衛生研究所パンフレット、衛研ニュース、衛生研究所研究報告などの関連印刷物を配布し、事業内容や主な取組みなどを紹介しました。

ポスター発表

各々をクリックするとPDFでご覧になれます。

腸管出血性大腸菌感染症の発生状況

知っていますか?遺伝子組換え食品
こんにちは
神奈川県衛生研究所です!
 

クイズラリー問題(衛生研究所出題)

【問】
腸管出血性大腸菌が作る毒素はどれでしょうか?

【選択肢】
1 ベロ毒素
2 ミミ毒素
3 ハナ毒素

【正解】
1 ベロ毒素

このページのトップへ

平成26年度 かながわ科学技術フェア

平成26年11月16日(日)に、 神奈川県政策局政策部科学技術・大学連携課主催による「かながわ科学技術フェア 2014」が、新都市プラザ(横浜駅東口地下・そごう横浜店入り口前)で開催されました。
会場では、衛生研究所、 温泉地学研究所、環境科学センター、自然環境保全センター、水産技術センター、農業技術センター、畜産技術センター、産業技術センターの 8県試験研究機関と、関連研究機関である公益財団法人神奈川科学技術アカデミー(KAST)及び地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンター臨床研究所が参加し、日頃の活動内容や研究成果等をポスター展示や機器展示などにより発表し、あわせて研究員が展示物の説明を行いました。
衛生研究所では、微生物部より「日本のHIV流行状況と流行株の特徴」について、また理化学部より「川の水に含まれる医薬品の話 -河川水を見れば流行りがわかる?- 」について展示及び説明を行うとともに、衛生研究所パンフレット、衛研ニュース、衛生研究所研究報告などの関連印刷物を配布し、事業内容や主な取組みなどを紹介しました。

ポスター発表

各々をクリックするとPDFでご覧になれます。

日本のHIV流行状況と流行株の特徴

川の水に含まれる医薬品の話
-河川水を見れば流行りがわかる?-
こんにちは
神奈川県衛生研究所です!
 

クイズラリー問題(衛生研究所出題)

【問】
河川水中のタミフルの濃度変動とよく似た患者数の変化を示した病気は次のどれでしょうか?

【選択肢】
1.水虫
2.インフルエンザ
3.エボラ出血熱

【正解】
2.インフルエンザ

このページのトップへ

平成25年度 かながわ科学技術フェア

平成25年11月9日(土)に、 神奈川県政策局政策部科学技術・大学連携課主催による「かながわ科学技術フェア 2013」が、新都市プラザ(横浜駅東口地下・そごう横浜店入り口前)で開催されました。
会場では、衛生研究所、温泉地学研究所、環境科学センター、自然環境保全センター、水産技術センター、農業技術センター、農業技術センター畜産技術所、産業技術センターの8県試験研究機関と、関連研究機関である公益財団法人神奈川科学技術アカデミー(KAST)及び地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンター臨床研究所が参加し、日頃の活動内容や研究成果等をポスター展示や機器展示などにより発表し、あわせて研究員による展示物の説明を行いました。
衛生研究所では、微生物部より「薬剤耐性肺炎マイコプラズマの調査」について、また理化学部より「食物アレルギーと表示制度」についての説明を行うとともに、衛生研究所パンフレット、衛研ニュース、衛生研究所研究報告などの関連印刷物を配布し、事業内容や主な取組みなどを紹介しました。

ポスター発表

各々をクリックするとPDFでご覧になれます。

薬剤耐性肺炎マイコプラズマの調査

食物アレルギーと表示制度について
こんにちは
神奈川県衛生研究所です!
 

クイズラリー問題(衛生研究所出題)

【問】
マイコプラズマ肺炎の治療によく用いられるお薬の種類はどれでしょうか?

【選択肢】
1.マクロライド系
2.アンドロイド系
3.マーマレード系

【正解】
1.マクロライド系

このページのトップへ

平成24年度 かながわ科学技術フェア

平成24年11月10 日(土)に、 神奈川県政策局総合政策部科学技術政策課主催による「かながわ科学技術フェア 2012 」が、新都市プラザ(横浜駅東口地下・そごう横浜店入り口)で開催されました。
会場では、衛生研究所、 温泉学研究所、環境科学センター、自然環境保全センター、水産技術センター、農業技術センター、農業技術センター畜産技術所、産業技術センター、 地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンター臨床研究所 の 9県試験研究機関と財団法人神奈川科学技術アカデミーが参加して、日頃の活動内容や研究成果等をポスター展示や機器展示などにより発表し、研究員による展示物の説明が行われました。
衛生研究所では、微生物部より人毛、昆虫、寄生虫やカビなどの食品混入についての説明、理化学部より発がんプロモーター(促進物質)検査法の開発についての説明が行われ、衛生研究所パンフレット、衛研ニュース、衛生研究所研究報告などの印刷物を配布し、衛生研究所の取組などを紹介しました。

ポスター発表

各々をクリックするとPDFでご覧になれます。

こんにちは
神奈川県衛生研究所です!

えっ、こんなものが?!
食品から見つかった異物
エッ!これが発がんの共犯者?
 

クイズラリー問題(衛生研究所出題)

【問】
平成24年度に行った食品の異物混入検査で、氷菓に混入していたアリは次のどれでしょうか?

【選択肢】
1.ソライロアリ
2.アメイロアリ
3.ニジイロアリ

【正解】
2.アメイロアリ

このページのトップへ

平成23年度 かながわ科学技術フェア

平成23年11月13日(日)に、神奈川県政策局政策調整部科学技術策課主催による「かながわ科学技術フェア 2011 」が、新都市プラザ(横浜駅東口地下・そごう横浜店入り口)で開催されました。
会場では、衛生研究所、温泉地学研究所、環境科学センター、自然環境保全センター、水産技術センター、農業技術センター、農業技術センター畜産技術所、産業技術センター、地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンター臨床研究所の8県試験研究機関と財団法人神奈川科学技術アカデミーが参加して、神奈川県の試験研究機関等の活動内容や研究成果等をポスター展示や機器展示を行い、研究員による展示物の説明が行われました。
衛生研究所では、微生物部より結核やインフルエンザについての説明、理化学部より放射能調査についての機器展示および説明が行われ、衛生研究所の取組などを紹介しました
クイズラリー問題(衛生研究所出題)

【問】
神奈川県衛生研究所に設置してある、空間放射線量率を測定するための装置は次のうちのどれでしょうか?

【選択肢】
  1. 郵便ポスト
  2. モニタリングポスト
  3. コンポスト
【正解】
2.「モニタリングポスト」

このページのトップへ

平成22年度 かながわ科学技術フェア

平成22年11月14日(日)と11月15日(月)に、神奈川県政策局政策調整部総合政策課主催による「かながわ科学技術フェア2010」が、新都市プラザ(横浜駅東口地下・そごう横浜店入り口)で開催されました。

会場では、衛生研究所、温泉地学研究所、環境科学センター、自然環境保全センター、水産技術センター、農業技術センター、農業技術センター畜産技術所、産業技術センター、地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンター臨床研究所の8県試験研究機関と財団法人神奈川科学技術アカデミーが参加して、神奈川県の試験研究機関等の活動内容や研究成果等をポスター展示や機器展示を行い、研究員による展示物の説明が行われました。

衛生研究所では、ミニ発表テーマとして微生物部より「食中毒を防止しよう。」、パネル展示として理化学部より「生活習慣病を予防する食品の機能性を探る」、企画情報部より「健康危機管理の技術的拠点としての役割」として衛生研究所の取組などを紹介しました。

ポスター発表

各々をクリックするとPDFでご覧になれます。

食品素材の機能性を探る
桑の葉のメタボリックシンドローム予防効果

神奈川の「科学技術の」の力
  -衛生研究所の健康危機管理の技術的
拠点としての役割―

クイズラリー問題(衛生研究所出題)

【問】
桑の葉茶や杜仲茶などには、体にどんな効果があることがわかったでしょう?

【選択肢】
1.虫歯予防
2.メタボリックシンドローム予防
3.かぜ予防

【正解】
2.「メタボリックシンドローム予防」

このページのトップへ

平成21年度 かながわ科学技術フェア

平成21年10月18日から19日まで、神奈川県政策部総合政策課科学技術・大学連携室主催による「かながわ科学技術フェア」が、新都市プラザ(横浜駅東口地下・そごう横浜店入り口)で開催されました。
会場では、衛生研究所、温泉地学研究所、環境科学センター、自然環境保護センター、農業技術センター、畜産技術センター、水産技術センター、産業技術センター、がんセンター臨床研究所の9県試験研究機関と(財)神奈川科学技術アカデミーが参加して、神奈川県の試験研究機関等の活動内容や研究成果等をポスター展示や研究員によるミニ発表会が行われました。
          

衛生研究所は、ミニ発表会として 【どこへ流れる?たばこの煙】をテーマに 、県民のみなさんにたばこの煙と健康の関係について講演を行ったほか、新型インフルエンザや食品素材の機能などに関するポスターを展示して、衛生研究所の取り組みなどを紹介しました。

ポスター発表

各々をクリックするとPDFでご覧になれます。
食品素材の機能性を探る
新型インフルエンザ発生 神奈川県の「科学技術」の力

このページのトップへ

平成20年度 かながわ科学技術フェア

去る11月9日、10日、横浜駅東口新都市プラザにおいて、神奈川県の試験研究機関の活動を紹介する「かながわ科学技術フェア」が開かれ、参加しました。

買い物途中の家族連れらの多くの方が足を止めて熱心に耳を傾け、県民の健康への関心が高いことが伝わって来ました。
          


当所は、「県民の生活に安全を!をめざした科学的・技術的拠点」であり、その業務と成果をポスターで紹介しました。また、研究員が成果発表の講演もいたしました。

ポスター発表

各々をクリックするとPDFでご覧になれます。
ポスター:県民の生活の安全
ポスター:結核にご用心 
ポスター:]気をつけよう自動車内の換気 ポスター:食物アレルギー研究最前線

講演は 「今年も流行するの? -ノロウイルスに気をつけよう!-」 「気をつけよう自動車内の換気!」 でした。

トップページへ戻る | 行事開催へ戻るこのページのトップへ